2007年6月

2007年06月27日

em・oneからブログ投稿そしてマルレーネ・デュマス

070627-133450.jpg

em・oneからブログ投稿してみました。
写真投稿も手軽にできました。
今後は外出先からも積極的にビジネスブログ(社長ブログ)の投稿をしていきます。

さて、プライベートネタですが先日、妻と二人で東京現代美術館にてマルレーネ・デュマスの展覧会に行ってきました。

世界的に最も注目を浴びているアーティストのひとりとのことですが、彼女の作品との出会いは妻共々非常に衝撃的でした。
絵画を通じてここまで感情を伝えることができるのか!ということを初めて体感しました。

最後に坂本龍一とのコラボ企画(彼女の唯一の動画作品だそうです)も作品を前に呆然と立ち尽くしてしまいました。
言葉にできないほど素晴らしかったです。
皆様も時間があれば見に行かれることをオススメします。

展覧会内に彼女の言葉で

美術の役割は
つねに同じ
あなたに自分の名前を
忘れさせること

とありました。
私は出口を出てからようやく言葉の意味が分かりました。

時刻 17:28  | 日記  | 記事URL

2007年06月22日

イー・モバイルEM・ONEの評価

EM・ONEを使い始めて約2ヶ月が経過しましたのでEM・ONEの評価をしてみました。

dsc_0027_r2_c2.jpg

良かった点
・通信速度は平均1Mbpsで通信可能
・標準搭載ブラウザのOPERAが使いやすい
・PCモデムとしても利用できる、しかも高速である
・液晶ディスプレイが大きいため文字が見やすい
・ワンセグが見れる(私はテレビはほとんど見ないのであまり享受できてません)
・外出先でGoogleMapsを利用できる(新規訪問時に便利)
・キーボードが使いやすい(下手な小型ノートPCより使いやすいかも)
・通信料金が定額制なので通信時間を気にしなくていい

悪かった点
・PCモデムとして利用した場合自動切断が発生する
 また復旧させるのに電源の入れ直しやUSBケーブルの入れ直しなどかなり面倒
・バッテリーが思っていたよりも早く切れる(大容量バッテリーの購入を検討中)
・スタイラスが貧弱(リッチなスタイラスの購入を検討中)

総合的には購入して本当に良かったと思っています。
あらゆるビジネスシーンで活躍してくれてます。

PCモデムの自動切断だけもう少し調整していただければ最高です。
イーモバイルさんご対応お願いします!


時刻 17:31  | 日記  | 記事URL

2007年06月18日

ウェブシステム開発と焼肉

最近、多くのウェブシステム開発依頼をいただいております。

フレームワークを用いた高速開発は他社に負けないノウハウを蓄積しております。
安定したシステムを高速且つ安価に開発いたします!
ウェブシステムの開発はハングリードにお任せください!

ハングリードの宣伝をさせていただきました。

弊社の近況報告ですがオフィス移転に向けて着々と準備を進めております。
移転先が確定いたしましたら皆様にご連絡させていただきます。

また、お仕事については少しずつ大きなビジネスのご依頼をいただくことができるようになってきました。
ようやく今期の売上目標を達成できる見込みが立ってきました。
初年度ということであまり大きな目標設定は行っておりませんが、達成するにはまだまだ努力が必要です。
9月決算に向けて残り3ヶ月半、ラストスパートでがんばります!


プライベートでは最近、妻のご両親に焼き肉をご馳走になりました。
高級 和風炭火焼肉 七輪さんです。

このお店のお肉は私が今までに食べたお肉の中でも最高に美味しいです。
先日は牛一頭分のお肉(すべての部位)を食べさせていただきました。

店長さんもとてもいい人ですよ。

値段はやや高めですがそれ以上の価値があります!
川越に行った際は是非一度お試しください!

時刻 17:30  | ウェブシステム開発, グルメ, 日記  | 記事URL

2007年06月06日

近況報告

現在、6件のプロジェクトが同時に進行しているのですが、ようやく精神的にも肉体的にも少し落ち着いてきましたので近況報告させていただきます。

この1ヶ月間に新たな出会いがたくさんありました。
新聞、インターネット、テレビ、書籍、雑誌などの情報媒体からたくさんの知識を吸収することはとても大事なことだと思いますが、やはり人と人との出会いによって得られるものは計り知れないものがあります。

改めて思いますが、初めてお会いする相手にたくさんの刺激や知識そしてプラスの影響を与えることができる人間になりたいですね。

そういえば未だにモラトリアムから抜けられない私は最近、北尾さんの本を読みました。

「何のために働くのか 北尾吉孝」
何のために働くのか




北尾さんの本から古典に興味が湧いたので

中国の古典「大学・中庸」
大学・中庸




日本の古典「言志四録―座右版」
言志四録―座右版




なんかを読んでます。

坂本竜馬、吉田松陰、西郷隆盛など幕末の英傑も愛読した人生の指南書です。
迷ったときは古典からたくさんのヒントが得られそうです。

おっと。妻から帰宅命令の電話が・・・。
そろそろお腹も減ってきたので帰ります。

時刻 17:33  | ハングリード, 日記, 書評  | 記事URL

  • 1